« 2007年6月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月26日 (水)

頭の中のアンテナ

今日仕事していると、外から変な音が聞こえてきました。
カン!カン!カン!カン!カン!カン!
小さな音なのですが、若干神経に障ります。


音が鳴り出してから、30分ほど経過した頃でしょうか。
タバコを吸うために、非常階段の方に行くと下で誰かが何かやっています。
どうもあれが音の発生源のようです。
※私の職場はビルの7Fで、非常階段からは隣のガレージが見える。


遠いということと、私の目が悪いということで、最初は何をしているのかよくわからなかったのですが、じっと目をこらしていると、段々と何が行われているのかがわかってきました。


①スーツを着た30代の男性のようだ。

②スパナのようなものでひたすら何かを叩いているようだ。

③椅子のようだ。

④職場によくあるアームレストがあり、足に車輪の付いたタイプの椅子のようだ。

⑤使わない椅子をしまう時のように、同じ椅子を2つ重ねて、上側の椅子をひたすら叩いてるようだ。

⑥とにかく一心不乱に叩いているようだ。


とりあえず、何が起きているのかがわかっただけで、状況は全然見えてきません。


階段の手すりにもたれかかりながら、気だるげにタバコを吸いつつ、いくつか推論をあげてみました。


①椅子を作ろうとしている。
②椅子を壊そうとしている。
③椅子を合体させようとしている。


③だったら、何かしらの電波を受信したんだろうな。
最近巷にはいろんな電波が飛び交ってるしな。


本人的には必死でも、傍から見てると奇行にしか見えないこともあるというお話。
わかってもらえないって哀しいね。

2007年9月24日 (月)

B’z祭りスタート

B'zが9/21に20周年を向かえ、活動が活発化してきました。


CD発売情報
NEW SINGLE 『SUPER LOVE SONG』10月3日発売
【収録曲】
1st beat : SUPER LOVE SONG
2nd beat : ここから
3rd beat : FRICTION

NEW ALBUM 『ACTION』 12月5日発売
【収録曲】
01. 純情ACTION
02. 黒い青春
03. SUPER LOVE SONG
04. 満月よ照らせ
05. パーフェクトライフ
06. 一心不乱
07. FRICTION -LAP 2-
08. ONE ON ONE
09. 僕には君がいる
10. なんという幸せ
11. わるいゆめ
12. HOMETOWN BOYS' MARCH
13. 光芒
14. トラベリンメンのテーマ
15. オレとオマエの新しい季節
16. 永遠の翼
17. BUDDY

収録曲の曲名からどんな曲か思いを巡らせている時が一番幸せかもしれません。
あぁ!早く!聴きテェ!
とりあえずは、シングルのSUPER LOVE SONGでアルバム発売まで何とか持ちこたえよう。
まぁ、正直3rd beatのFRICTIONの方が好きなんですがね。
さぁ、私の友人達。FRICTIONの合いの手を覚えよう。



LIVE情報
来年年明けから9/21までずーっとLIVEが続きます。
Plesureツアーはもうやらないって言ってたのに、アルバムツアーの後に復活します。
嬉しい悲鳴ですよ。
私が行けそうな関西のLIVEはこんな感じ。

■B'z LIVE-GYM 2008 "ACTION"
7 / 11 (金) 大阪城ホール
7 / 12 (土) 大阪城ホール
7 / 19 (土) 神戸ワールド記念ホール
7 / 20 (日) 神戸ワールド記念ホール

■B'z LIVE-GYM -Pleasure 2008-
9 / 6 (土) 神戸ユニバー記念競技場
9 / 7 (日) 神戸ユニバー記念競技場

アルバムツアーに大阪ドームがないな。。。
でも小さいところの方がよく見えるけどね。




今日もHEYHEYHEYに出演してました。
今まで一回もなかった座りトークしてる当たりに20周年に対する気合を感じますね!



B'zが活動していく限り、それだけで生きていける気がします。

2007年9月20日 (木)

ぴあのまん

今日から3日間、技術系の研修でビジネス街に行くことになりました。


今の職場は閑散としていて、閉塞感があるんですが、ビジネス街は良いね。
華があるね。



だって、オープンカフェで外人がコーヒー飲みながらディスカッションしてるんですよ。


欧米か!!ってなりますよ。



そんな、欧米なところにいると、私はいったい何してるんだろうなって気になります。
最近口を開けば出るのはネガティブな言葉ばかり。


あぁ、ミスチルの PIANO MAN の詞がすっごい共感できる。
桜井さんがどういうつもりで詞を書いたのかは分からないですけど、
ハートを鷲掴みにする良い詞を書くなぁ。。。


PIANO MAN

2007年9月18日 (火)

やっぱり・・・

サッポロビール「生搾りみがき麦」のCMを見て
懐かしさを感じるのは、良い歳に片足を突っ込んでいるのでしょうか?

「もたいまさこ」と「室井滋」と「小林聡美」が並ぶとほわっとした気持ちになります。
Wikipedia

2007年9月 9日 (日)

メンタル弱ぇ

私の働いている職場ですが、9月頭に多数社外作業になり、
最近はめっきり人が少なくなりました。


先日、元々人が少ないのに出張やら有給やらで、
私と後輩の二人しか社員がいないという
完全に緊張感のない状況になりました。


そんな中だらだらと仕事をしていたのですが、
会社の有線をリクエストチャンネルにしていると、
たまにしかお気に入りのナンバーはかかりません。


緊張感のなさもあいまって、有線止めてスピーカーから好きな曲かけることにしました。
(私が会社で使用しているデスクトップPCには何故か10GB以上のMP3が入っています。)

と言う訳で、お気に入りの曲をかけて超ノリノリで、仕事をしてました。



ですが、そんな幸福な時間は長く続きませんでした。



突然、扉を開ける大きな音が響き渡り、終日東京出張予定の部長さんが帰ってきたのです。
しかも部長さんは私のPCに接続されたスピーカーに興味を示されています。
ですが、言葉では特に何も言ってきません。



無言のプレッシャーか、『またTOYがやんちゃなことしとる』と呆れていたのかはわかりません。
しかし、ここでスピーカー止めて空気を変えてしまうと、突っ込む隙を与えてしまう可能性があります。
ここはしれーっとノリノリのままいくことにしました。



でも、駄目ですね。


後輩君に『ここの部分どうなっているのかな?』とか『ここはこうしないとあかんよ。』とかいつもより饒舌に仕事の話をしてしまってます。
明らかに動揺しています。
『あれ?別におかしなことしてませんよ』と言わんばかりに、図太く空気を読んで無い感を出すところだったのに。
そんな自分の『メンタルの弱さ』にがっかりしました。



ん?


反省ポイントはあってると思いますよ。(⇒この辺が黒いとか言われる所以。)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年10月 »

Twitter

  • Twitter
無料ブログはココログ